« ブルースクリーンでフリーズ | トップページ | ブルーレイドライブで焼く »

最近の事、調べてみました

自分が住んでいる町は「環境放射線測定」をしていました。
8箇所も測定していて、ここ1ヵ月のグラフを見ると平均20~30nGy/h。
16日から17日にかけて各測定箇所全てで約200nGy/hまで上昇していて、現在は緩やかに低下していて50~60ぐらいを推移しています。
やっぱりこれって飛んで来てる。この値は大丈夫???

注意書きには※通常の測定値は、10~50nGy/h程度で、これは自然放射線のレベルです。
              なお、降雨などの影響により、一時的に値が上昇する事があります。

自然放射線での平均的被曝は年、2.4mSv(世界平均)。日本では1.4mSvだそうです。
また、医療によって受ける人工放射線の量は、胸部のレントゲン撮影は0.05mSv、胃のレントゲン撮影は0.6mSv、CTスキャンは6.9mSvだそうです。
「原子力災害対策特別措置法では1Sv=1Gy」
1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv)=10億ナノシーベルト(nSv)

これを踏まえて、仮に200nGy/h
200nGy/h=0.2μGy/h=0.2μSv/h
0.2μSv/h × 24h × 365日 =1752μSv/h=1.752mSv
一年間ずっと200nGy/hを浴び続けても、自然放射線の世界平均より低いし、日本よりは若干高い程度。CTスキャンより全然低い値でした。
飛散してるのは確実だけど、この値なら現状全然問題ないかな。

そう言えば「エックス線作業主任者」の免許を持ってた!!けど全然忘れてる。

|

« ブルースクリーンでフリーズ | トップページ | ブルーレイドライブで焼く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500709/51164052

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の事、調べてみました:

« ブルースクリーンでフリーズ | トップページ | ブルーレイドライブで焼く »